Staff Interview

CTO​   Onishiさん

ご自身のお名前と担当業務、
されているお仕事の内容を教えてください。

大西です。CTOとしてTOKIのシステム全般の開発とエンジニアチームの取りまとめをしています。

最近は「Travesens」という旅程作成Saasプロダクトの開発に注力しています。

TOKIに入ったきっかけをお教えください!

私は元々Webエンジニアで、フリーランスなどを経て自分の会社を法人化し、自社サービスの開発と並行して受託開発案件も請け負っていました。
 

数年前にTOKIの業務フローを初めてシステム化しようというタイミングで、エンジニアの友人に誘われて業務委託でジョインしました。
 

それから3年くらいパートタイムで開発に関わってきたのですが、体制変更など色々なタイミングが重なった結果、去年9月からフルタイムで働くことになったという経緯です。

働く上で感じた、TOKIの良さはどんなところですか?

これまで色んなメンバーと仕事をしてきましたが、働いていて気持ちのいい人が多いのが一番の魅力かなと思っています。様々な国籍・バックグラウンドの人がいるので、ふとした雑談で意外な面を知ることが多くて楽しいです。

またスタートアップなのでトップとの距離が近く、意思決定が早くて手を挙げればどんどん挑戦できる環境なのも良いところだと思います。

社内Slackを眺めてるだけで、全然知らなかった国内の素敵なホテルやレストランなどの情報がどんどんインプットされるのもとても楽しいです。

TOKIに入ってからお仕事をされる中で、新しく挑戦したことを教えてください!

旅行業界で働くのが初めてなので、独特の商慣習やビジネスの仕組みを理解してシステムの設計に落とし込むところが一番の挑戦でしたし、現在進行形で今も苦労しています。

社内にエキスパートがたくさんいるので、できるだけたくさん話をさせてもらって事業理解を深めるように心がけています。

 

また日本語が苦手なメンバーもいるので会議が英語になることもあり、久しぶりに英語の勉強にも挑戦しています。

あなたの「インスピレーションの源」は何ですか?

あなたが新しいアイデアや刺激を得るために、
日常的に行っていることや習慣、趣味はありますか?

自分で古い倉庫を借りてDIYでオフィスにしているのですが、コロナ前はここでエンジニアの勉強会を開催したりしていました。人見知りなので自分が場を持つことで人と会う機会を増やして
います。

 

本が好きでよく読書しています。気になる本はどんどん買ってしまうので、積ん読もいっぱい溜まっています。
 

旅行も好きですが、キャンプ道具を積み込んで車中泊で日本各地を回ったり、海外でも1ヶ月くらい滞在するようなのんびりした旅が好きです。

IMG_1828 - Tomomichi Onishi.JPG

実現させたい個人的な野望や、今後の目標を教えてください!

現在開発中の「Travesens」が業界のデファクトスタンダードとして使われるようにしたいと思っています!
コロナ禍で厳しい市場環境でも現在使っていただいているクライアントからは非常に反応がよいので、さらにプロダクトを磨いていきたいです。

現在はプロダクトが立ち上げフェーズなのでまだほとんど自分でコードを書いていますが、早く開発チームを拡大して「たまには自分でコードを書きたい!」って愚痴れるくらいの体制にしていきたいと思っています。

最後に、TOKIで働くことを検討されている方へ

メッセージをお願いします!

手を挙げれば自分の業務領域を越えていくらでも仕事を任せてもらえるので、やる気があって成長したい人には楽しい環境だと思います。

また旅行業界はDXが本当に全然進んでおらず、自分たちのプロダクトが業界を変えていくのを肌で実感できるのは非常にやりがいがあると思います。

やりたいことはいくらでもあるので、ぜひご一緒いただける方をお待ちしています!